環境方針

理 念

株式会社姫路環境開発は、環境保全を経営の最重要課題の一つとして、経営トップを筆頭に全従業員一丸となって地球環境を守る活動を展開していきます。

方 針

株式会社姫路環境開発は、「地球環境への限りない挑戦!」をスローガンに、産業廃棄物処理業務を通し環境負荷を低滅し、美しい地球を次の世代に引き継ぎます。又、瀬戸内の地にふさわしく環境に優しい企業を目指して以下の原則を実行します。

  1. 環境保全の推進母体として環境マネジメント委員会を設置し、全従業員が環境保全活動を展開します。
  2. 事業活動が環境に与える要因を明確にとらえ、その軽減に向けて環境目的・目標を定め、定期的に見直し環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  3. 環境関連法、その他の要求事項を順守します。
  4. 事業活動において、次の事項を重点課題として達成に向けて活動を展開します。
    • 廃棄物のリサイクル率を向上させることによる埋立廃棄物の削減と再資源化を図ります。
    • 電力の使用量を削減し地球温暖化防止と資源の枯渇防止を図ります。
    • 車輌・重機に使用するガソリン・軽重油を削減することにより、地球温暖化防止、資源の枯渇の防止及び大気汚染の防止を図ります。
    • CO2を発生させない「無焼成固化技術」によるアーザンブリックス(エコレンガ)の製造と自治体及び企業への供給を通じて循環型社会を実現します。
    • 事業所周辺地域の清掃活動を行い地域社会の美化に取組みます。
    • 全従業員がエコキャップのボランティア活動を通じ、CO2排出の低減及び、地域社会の環境教育を推進します。
    • 自然エネルギーの有効活用により環境負荷の低減を図ります。
      太陽光発電による火力発電の抑制。
      バイオマス燃料(木屑チップ)の販売促進による資源の枯渇防止。
  5. 内部環境監査員を定め、自らの活動を評価し見直しを行います。
  6. この環境方針は全従業員に周知徹底し環境保全の重要性を認識し行動させます。 又、協力企業に対しても理解と協力を要請します。

※この環境方針は一般に公開します。

株式会社姫路環境開発 代表取締役 山本 益臣

登録証

上記の内容はこちらのPDFでもご確認いただけます。

ISO14001環境方針(PDF:484KB)