リサイクルフロー

建設汚泥

汚泥の排出量は、産業廃棄物のなかでも最も多く、その処理は非常に重要です。 当社では、それら汚泥のリサイクルについても対応、建設現場から搬出される建設汚泥や河川・港湾からの浚渫汚泥を固化処理いたします。 こちらでは汚泥リサイクルの流れや、当施設の汚泥処理能力などについてご紹介いたします。

リサイクル資源

当社では、汚泥をリサイクルすることで、以下のように資源化しています。

【汚泥】→【路盤材】

処理能力

当社が所有する施設は、処理能力が高いのが特徴です。460.8トン/16時間(時間当たり 28.8トン/時間)の汚泥固化処理能力を持っています。

プラント1
プラント2

リサイクルフロー

当社では、以下の流れで汚泥のリサイクルを行っております。

汚泥リサイクルフロー図
汚泥保管

汚泥を搬入ピッチに保管し、石膏にて水分の調整を行います。

オディクリーン薬剤固化

拡散混合室で、オディクリーンにオディハード(固化助剤)とセメントを加え混合します。混合した汚泥は、ピットにて1~3日養生し、強度を保たせます。

リサイクルプラントにて破砕
路盤材

塊とした固化物は、リサイクルプラントにて0~40mmの大きさに破砕し、路盤材として再資源化します。